YMCAのミッション(1)

1844年にロンドンWで誕生したYMCAは、またたく間に世界にひろがりました。1855年スイスのアンリ・デュナンW(赤十字Wの創始者)の呼びかけによってフランス・パリWで最初の世界YMCA大会が開かれ、8カ国38のYMCAから99人の青年たちが集まり ました。その大会で世界YMCA同盟が結成され、世界のYMCAの共通のミッションとしての「パリ基準」を制定しました。時代は下って、1973年に東アフリカ・ウガンダWの首都カンパラWにおいて開催された「第6回世界YMCA同盟総会」において、パリ基準を再確認するとともに、現代の状況をふまえて5項目から成る解説文「カンパラ原則」を決議、さらに 1998年には現代 社会の実情に応答した使命として「チャレンジ21」を採択しました。時代とともに社会環境や法制度が変化し、事業内容がかわっても、 YMCAは常にYMCAミッションに立ち返ることによって力を得、各時代における方向性を見出してきたのです。


パリ基準
われら世界のYMCAは、イエス・キリストを聖書にしたがってわが神わが救い主と仰ぎ、信仰とその生活において彼の弟子でありたいと願う青年たちを一つとし、イエス・キリストの精神が広く青年の間に活かされるよう、その努力を結集する。 その他のことがらについての意見の相違は、それ自体としていかに重要であっても、そのことによって世界同盟を構成する加盟および準加盟YMCAの間の友好的な関係をそこなうものであってはならない。

Paris Basis (1855)
“The Young Men’s Christian Associations seek to unite those young men who, regarding Jesus Christ as their God and Saviour, according to the Holy Scriptures, desire to be his disciples in their faith and in their life, and to associate their efforts for the extension of his Kingdom amongst young men.
Any differences of opinion on other subjects, however important in themselves, shall not interfere with the harmonious relations of the constituent members and associates of the World Alliance.”


カンパラ原則
今日の世界のYMCAの現実に照らしてみるとき、パリ基準を再確認するということは、すべてのYMCAとその会員たちに、神の同労者として次のような使命の自覚を促す。

  • すべての人びとに、平等な機会と正義が実現されるように努力する。
  • 人びとの間に愛と理解にみちた人間関係が可能になるような環境をつくり出し、それをまもっていくように努力する。
  • YMCAのなかに、また社会のさまざまな組織や団体のなかに、誠実さ、豊かさ、創造性が活かされるような状況をつくり出し、また維持するように努力する。
  • キリスト教的経験の多様性と深さが具体的に示されるようないろいろなリーダーシップと新しい型のプログラムを開発し、育てていくように努力する。
  • 全人としての成長のために努力する。

The Kampala Principles (1973)
The 6th World Council meeting in Kampala, Uganda, in July 1973, adopted at the same time the following declaration of principles:
The Paris Basis expresses that Christ is the centre of the Movement, which is conceived as a world-wide fellowship uniting Christians of all confessions. It is consistent with an open membership policy, involving people irrespective of faith as well as age, sex, race and social condition. The Basis is not designed to serve as a condition of individual YMCA membership, which is deliberately left to the discretion of constituent movements of the World Alliance. The Basis makes clear that the constituent movements of the Alliance have full freedom to express their purpose in other terms designed to correspond more directly to the needs and aspirations of those whom they are seeking to serve, provided these are regarded by the World Alliance as being consistent with the Paris Basis. Recognising the character of the YMCAs in the world today, this act of acknowledging the Paris Basis places upon the various associations and their members as fellow workers with God such imperatives as:

  1. To work for equal opportunity and justice for all.
  2. To work for and maintain an environment in which relationships among people are characterised by love and understanding.
  3. To work for and maintain conditions, within the YMCA and in society, its organisations and institutions, which allow for honesty, depth and creativity.
  4. To develop and maintain leadership and programme patterns which exemplify the varieties and depth of Christian experience.
  5. To work for the development of the whole person.

チャレンジ21
第3ミレニアムへの発端となる新しい世紀を迎えようとする このとき、私たちは、1855年に採択された「パリ基準」を YMCA使命表明の基礎として確認しつつ、つぎのように宣言する。 YMCAはイエス・キリストのもとに立ち、宗教宗派の違いを超えて協働する、自由意志で参画するボランティアの運動であって、老若男女を問わずすべての人に開かれた、特に青年の参画を強調する、世界に広がるキリスト教運動である。またYMCAは、すべて被造物のいのちが豊かに守り育 てられ、愛に基づく正義と平和と和解に満ちた人間性溢れ る社会を建設する、キリスト者の理想を人びとと分かちあ うことを追求する。 それゆえ、すべての加盟各国YMCAは、それぞれの現実状 況のなかで選択される固有のさまざまな課題解決に向けて 努力を集中するようにと招かれている。これらの課題は、 カンパラ原則の新しい展開として、つぎの事柄を含むもので ある。

  • イエス・キリストの福音を分かちあい、個々人が霊的に も知的にも身体的にも健全であり、調和のなかに人間性 が豊かに保持される有機的総体としての地域社会の創出 に努める。
  • すべての人びと、とくに青年と女性がより大きな責任を もち、あらゆるレベルで指導的役割を果たし、公正な社 会をめざす働きに共に参画するよう、その指導力を高 め、必要な権限を持てるように努力する。
  • 女性の権利を唱導してその向上をめざし、また子どもの 権利を支持する。
  • 信仰や思想信条を異にする人びととの対話・協力を推進 し、人びとの文化的アイデンティティを認め、また、文 化の革新にむけて努力する。
  • 貧しい人びと、奪い取られた人びと、追い立てられた人 びと、また人種的・民族的少数者ゆえに抑圧のもとにあ る人びとと連帯し、行動する。
  • 紛争状態にあるところで調停者、和解の仲介者となるこ とに努め、また、人びとが自己決定のできる状況を創り 出す運動に効果的に参画し、そのことによって彼ら自身 が強められ高められるように働く。
  • 神の被造物をあらゆる破壊から守り、きたるべき世代の ため、地球資源の保持・保護に努める。
  • これらの挑戦に立ち向かうため、YMCAは、自己自身 を持続し、また自己決定を可能ならしめる、あらゆるレ ベルでの協力の形態を開発・強化する。

(1998年7月第14回世界YMCA同盟委員会採択)

Challenge 21 (1998)
The World Alliance of YMCAs was founded in 1855 at its first World Conference, held in Paris. At that time, conference participants developed the YMCA’s first mission statement, the Paris Basis.
Since then, the YMCA’s mission statement has been interpreted to reflect contemporary realities, first in 1973 with the Kampala Principles, and most recently in 1998 with Challenge 21.
Challenge 21, adopted at the 14th World Council of YMCAs, Frechen, Germany, 1998 states that:

“Affirming the Paris Basis adopted in 1855 as the ongoing foundation statement of the mission of the YMCA, at the threshold of the third millennium we declare that the YMCA is a world-wide Christian, ecumenical, voluntary movement for women and men with special emphasis on and the genuine involvement of young people and that it seeks to share the Christian ideal of building a human community of justice with love, peace and reconciliation for the fullness of life for all creation.
Each member YMCA is therefore called to focus on certain challenges which will be prioritized according to its own context. These challenges, which are an evolution of the Kampala Principles, are:

  • Sharing the good news of Jesus Christ and striving for spiritual, intellectual and physical well-being of individuals and wholeness of communities.
  • Empowering all, especially young people and women to take increased responsibilities and assume leadership at all levels and working towards an equitable society.
  • Advocating for and promoting the rights of women and upholding the rights of children.
  • Fostering dialogue and partnership between people of different faiths and ideologies and recognizing the cultural identities of people and promoting cultural renewal.
  • Committing to work in solidarity with the poor, dispossessed, uprooted people and oppressed racial, religious and ethnic minorities.
  • Seeking to be mediators and reconcilers in situations of conflict and working for meaningful participation and advancement of people for their own self-determination.
  • Defending God’s creation against all that would destroy it and preserving and protecting the earth’s resources for coming generations. To face these challenges, the YMCA will develop patterns of co-operation at all levels that enable self-sustenance and self-determination.”

Adopted at the 14th World Council of YMCAs, Frechen, Germany, 1998

YMCA International - World Alliance of YMCAs : Mission