会則

The Constitution and By-laws of
The Y’s Men and Women’s Club of Yokohama-Tsuzuki
横浜つづきワイズメン&ウィメンズクラブ会則

  • 第1条 名称
    • 第1項
      このクラブは「横浜つづきワイズメン&ウィメンズクラブ」といい、ワイズメンズクラブ国際協会に加盟、この国際協会を構成する主体である。その会員をワイズメン又はワイズウィメンという。
    • 第2項
      このクラブの主たる事務所は、横浜北YMCAに置く。
  • 第2条 目的・モットー
    • 第1項
      このクラブは、国際憲法と東日本区定款の精神に基づき、互いに親しみ交わり、力を合わせ国際協会の綱領と目的を達成し、さらにこの運動を広く東日本区内に拡張することにある。
    • 第2項
      国際協会のモットーは「強い義務感を持とう 義務はすべての権利に伴う」である。
    • 第3項
      このクラブの目的は、次のとおりである。

      • A.個人的にもまたクラブとしても、その奉仕活動を通じてYMCAの活動を支援する。
      • B.ワイズメン・ワイズウィメンにふさわしい他の団体を支援する。
      • C.地域社会や国際的な問題に関心を持ち、一党一派に偏らない正義を追求する。
      • D.宗教・社会・経済・国際などの諸問題について会員を啓発し、積極的に参加させる。
      • E.健全な交友関係を作り出す。 F.この協会の国際・地域・区・部の事業を支援する。
  • 第3条 会員
    • 第1項
      このクラブの会員は、性別・人種・信仰・出身国等を理由として会員の地位を拒まれることはない。
    • 第2項
      このクラブ会員の種類は次の通りである。

      • A.正会員
        成人でこのクラブの入会式をすませた者。このクラブの会員は、YMCAの会員になるものとする。
      • B.広義会員
        正会員としてこのクラブに留まることを希望するが、正当な理由により、常に例会その他の会合に出席することが不可能な場合は、このクラブ細則の定めるところにより、東日本区理事の承認を経て広義会員となることができる。
      • C.功労会員
        永年にわたり、このクラブの正会員としてその功績著しい者は、このクラブ会則の定めるところにより、東日本区理事に届け出て功労会員となることができる。
    • 第3項
      第2項B、Cの会員はこのクラブ及び国際協会に対し定められた負担を負うが、会合出席は自由である。
    • 第4項
      このクラブの会員構成は、同一業種に偏らず、できる限り多くの職業分野にわたるよう努めるものとする。
    • 第5項
      • 1.このクラブの活動に協力し又は独自に活動する女性による組織(ワイズメンの配偶者とするが、その参加は自由であり、またその趣旨に賛同する他の女性も参加できる。)として、横浜つづきワイズメネット会(以下「メネット会」という)を設けることができる。
      • 2.メネット会はYMCAに奉仕するとともに、部、東日本区及び国際におけるプロジェクトに参画し、又はその目的遂行のための諸活動を行うことによりクラブの発展に寄与するものとする。
      • 3.メネット会の構成及び運営に関する事項はメネット会に委ねる。
    • 第6項
      • 1.このクラブは、その活動に共感する16歳以上の青年男女で組織するユースクラブを設けることができる。
      • 2.ユースクラブの会員は、独自に又はこのクラブの会員と協働し、必要な活動を行うとともに、ワイズメンズクラブの例会、部会及び大会等に列席又は参加して意見を述べ、更なる友好を深めるものとする。
  • 第4条 会員の入会
    • 第1項
      • 1.このクラブの会員となる候補者は、会員の紹介者を通じて、定められた推薦書に関係事項を記入し、紹介者の署名を添えて役員会に提出する。
      • 2.役員会は例会に3回以上連続して出席した候補者を会員として受け入れるか否かをきめる。
    • 第2項
      入会を受諾された候補者は、入会金および会費を納入し、次回の例会で行われる入会式に紹介者と共に出席する。
    • 第3項
      入会式において、会長はワイズメンズクラブの入会式文を朗読し、候補者が入会の意思を表明したとき正式に入会が認められ、ワイズメンズクラブ国際協会のバッジを供与される。
    • 第4項 再入会
      いったん失格しても、役員会の同意を得て、再び入会金と滞納会費を完納したときは、再入会をすることができる。
    • 第5項
      転入会会員が、前クラブを退会してから、12ケ月以内に、前クラブ会長からの推薦書を添えて申込をした時は、役員会の同意を得て転入会することができる。
  • 第5条 入会金および会費
    • 第1項
      このクラブの入会金は 6,000円とする。但し、再入会員および転入会員は入会金の一部又は全額を免除することができる。
    • 第2項
      会員は前項の他に、いずれかのYMCAの維持会員となり、会費を納付するものとする。
    • 第3項
      このクラブの会費は月額 3,000円とする。但し、広義会員、功労会員は、会費の一部を免除することができる。
    • 第4項
      会費には、東日本区費(国際会費・アジア会費等)、部費、その他が含まれる。
    • 第5項
      担当主事(1名)は、国際会費、アジア会費以外は免除される。
  • 第6条 会員の失格および退会
    • 第1項
      定例会に正当な理由なく連続して3回以上無断で欠席した場合並びにクラブ会費を3ケ月以上納めなかった時、又は、このクラブの名誉を著しく傷つけ、その他会員として不適格な行動があったと役員会が認めた場合は、特別の事情がない限り、役員会の議を経て、会員資格を失う。
    • 第2項
      退会を希望する会員は、会費納入等の義務を履行した上で、退会願を会長に提出し、役員会の承認を得なければならない。退会を認められた者は、会長に退会願を提出した日迄の会費等の義務を履行するとともに、ワイズメンズクラブ国際協会のバッジを返却しなければならない。
  • 第7条 例会・総会
    • 第1項
      このクラブの本例会は毎月第4金曜日、事務例会(役員会を兼ねる)は毎月第2火曜日、午後6時30分から8時30分迄とし、例会は「かけはし都筑」、事務例会は日本キリスト教団田園都筑教会おいて開催する。
      その他の会合は、会長が必要と認めた時に、招集する。
    • 第2項
      会員は、例会に出席しなければならない。ただし例会に欠席した会員は、前月の例会の翌日から翌月の例会日の前日までの間に次の会合に出席した事をメーキャップカード等により会長に申告した時は、クラブ例会に出席したものとみなすことができる。

      • 1.このクラブの第2例会又は年度計画により行う会合。
      • 2.区内外のクラブの例会又は特別例会。
      • 3.区大会又は理事の招集する会合。
      • 4.部会又は部長の招集する会合。
      • 5.国際大会、アジア地域大会又はこれらに準ずる会合。
      • 6.YMCAが実施する行事、区・部事業委員会又は特別な会合で例会と重なった場合。
    • 第3項
      例会における決議は会員の2分の1以上の出席をもって定数とし、出席会員の3分の2以上の同意を得なければならない。
    • 第4項
      このクラブの次の事項は総会の議決を必要とする。

      • 1.会則の変更、諸規則、諸規定の制定及び変更、廃止
      • 2.事業計画(収支予算の決定及び変更)事業報告書及び収支決算報告書の承認
      • 3.役員の選任
      • 4.その他役員会で特に重要な事項とされたもの
    • 第5項
      総会は定時総会と臨時総会の二種類とする。

      • 1.定時総会は年2回、原則として1月と7月に開催する。
      • 2.臨時総会は会長が認めた時、又は5分の1以上の正会員が会議の目的事項を示し、請求した時に開催する。尚、総会の議長は会長があたる。
    • 第6項
      総会における決議は、会員の3分の2以上の出席により成立し、出席会員の3分の2以上の同意を得なければならない。議長は賛否同数の場合に限り採決に加わることができる。
  • 第8条 役員
    • 第1項
      このクラブの役員は会長、直前会長と副会長・書記及び会計各若干名とする。
    • 第2項
      役員の任期は各1年として、毎年7月1日に就任する。
    • 第3項 役員の任務
      • A.会長
        • 1.会長はクラブの運営実務者であり、最高責任者である。
        • 2.会長はクラブの諸活動の遂行について、常に適切なる指導性を発揮する。
        • 3.会長はクラブの例会、役員会、その他の会合を招集し主宰する。
        • 4.会長は、クラブの代表として、その所属する部、東日本区並びに、国際協会と連絡を密にし、諸活動の遂行について協力する。
        • 5.会長は東日本区代議員としてその役割を果たす。
      • B.副会長
        副会長は会長を補佐し、会長事故あるときは会長の任務を代行する。
      • C.直前会長
        直前年度の会長としての経験を生かし、会長を補佐する。(直前・現・次期のトロイカ方式)
      • D.書記
        • 1.書記はクラブの諸会合の記録をとり、会員へ諸会合の案内及び通信を行う。
        • 2.書記は、他クラブ、所属する部、東日本区並びに国際協会との連絡を行う。
      • E.会計
        • 1.会計はクラブの金銭の収納・保管をし、役員会の指示により、諸費の支払いを行う。
        • 2.会計は、半期毎に会計報告を作成して会員に報告する。
        • 3.会計は、年度末に収支決算報告書を作成して会計監査を受けた後、総会で承認を受ける。
  • 第9条 幹事
    • 第1項
      このクラブに幹事若干名を置くことができる。
    • 第2項
      幹事は、役員会に出席し、必要な助言を行う。
  • 第10条 役員会
    • 第1項
      役員、幹事、事業委員(長)並びに担当主事によって役員会を構成し、会務を議決し、執行する。
    • 第2項
      役員会は毎月1回定例に開き、会長がこれを招集し、議長となる。必要な時は臨時に役員会を招集することができる。
    • 第3項
      会員に財的負担をかける事項や、会員個々人に関係深い事項は、役員会の議決を経て例会にはからなければならない。
    • 第4項
      役員会にはすべての会員が自由に出席し、意見を述べる事ができる。 第5項 役員会における議決権および採決の方法については、別途運営細則による。
  • 第11条 役員の選出
    • 第1項
      毎年11月例会で会長は役員選考委員若干名を任命する。
    • 第2項
      役員選考委員は必要な役員候補者若干名を選び1月総会に報告する。
    • 第3項
      次期役員(及び会計監事)は、例会で会員3分の2以上の出席を得て選挙される。
    • 第4項
      任期中役員(及び会計監事)に欠員が生じた場合は、役員会はその残任期間の後任者を任命する。
  • 第12条 財政
    • 第1項
      このクラブの会計は、このクラブの会員が負担する年会費(月会費)及びその他の収入をもって賄う。
    • 第2項
      このクラブは、資産の一部としてクラブワイズ基金を保有し、その運営に関する事項は別に定める。
    • 第3項
      このクラブの会計年度は、毎年7月1日に始まり、翌年6月30日に終わる。
  • 第13条 会計監事
    • 第1項
      このクラブに会計監事若干名を置く。
    • 第2項
      会計監事の任期は1年とし、毎年7月1日に就任する。
  • 第14条 事業委員
    • 第1項
      会長は部、区、地域並びに国際協会の要請に速やかにこたえ、活発なクラブ活動を行うに必要な事業委員を任命することができる。
    • 第2項
      事業委員の任期は1年とし、毎年7月1日に就任する。
    • 第3項
      事業委員の種類、人数は、東日本区定款施行細則を参考にして、クラブ役員会において決定される。
    • 第4項
      第3項に定める事業委員の他、クラブ役員会において必要と認める委員を別途設けることができる。
  • 第15条 担当主事
    • 第1項
      担当主事はクラブに協力し、YMCAの諸活動を会員に周知、徹底するようつとめる。
    • 第2項
      担当主事はクラブの各種会合に参加し、YMCAと密接な連絡を行う。
    • 第3項
      担当主事は、このクラブが関係するYMCA総主事が指名し、会長が委嘱する。
  • 第16条 会則の改正
    • 第1項
      この会則は総会に於て、会員の3分の2以上の出席を得て、その3分の2以上の同意によって改正することができる。
    • 第2項
      会則の改正は、国際憲法並びに東日本区定款の精神や目的に背くものであってはならない。
  • 第17条 付則
    • 第1項
      この会則は 2006年 3月25日から施行する。
    • 第2項
      この会則を実施運用するため、別に運営細則を定めることができる。
    • 第3項
      運営細則は、役員会の承認を得て、この会則第7条による総会の議決を得て制定又は改廃することができる。
    • 第4項
      その他この会則に定めのない事項については、この会則第7条第4項により決定する。

2006年3月25日 制定
2006年5月13日 発効
2008年1月26日 一部改正
2011年7月22日 一部改正