TOF(Time of Fast・断食の時)

TOF_Logo_YsMen_01.jpgTOF(ティー・オー・エフ)は、タイム・オブ・ファスト(Time of Fast:断食の時)の略称です。クラブ例会での食事を抜くなど、1食分相当金額を献金し、国際協会で認定した、発展途上国を主たる対象とする地域支援プロジェクトに用いる、ワイズメンズクラブ国際協会が全世界的な事業として展開しているプログラムです。
1973年のTOFプログラム開始以来、ワイズメン国際協会は様々なYMCA・地域社会プロジェクト・世界中の非常事態に対して、約600万USドルを寄付しています。 TOFの最初の12年間 (1973-1985)、平均1年あたり47,000US$を14のプロジェクト(1年あたりおよそ1つ)に対して支援しました。

  • 1985-1991の6年間、平均1年あたり88,000US$を28の「貧しい子供」のプロジェクト(1年あたりおよそ5つのプロジェクト) に対して支援しました。
  • 1991-1999の8年間、平均1年あたりおよそ200,000US$を89の「地域開発と家族かかわり合い」プロジェクト(1年あたり10以上のプロジェクト) に対して支援しました。
  • 1999-2002の3年間、平均1年あたりおよそ150,000US$を「人類の未来を築く」合計25のプロジェクトに対して支援しました。
  • 2002-2005の3年間、平均1年あたり228,000USドルでの「平和な未来を創造する」合計29のプロジェクトを支援しました(新規および継続プロジェクト)。
  • 2005-2010の6年間には、55のプロジェクトが承認され、その内22のプロジェクトがUGP(HIV/AIDS)関連で、平均1年あたり312,900US$となっています。
  • 2013年8月の国際議会で、今年度は次の10プロジェクトに253,257スイスフラン(約2,900万円)の支出が承認されました。
    1. ザンビアW・Kitwe YMCA「地域保健センター」(30,000CHF)
    2. ボリビアW・Sopocachi YMCA「縫製技術講座」(13,820CHF)
    3. チリW・Valparaiso YMCA「貧困と差別予防啓発」(26,732CHF)
    4. スリランカW・Colombo YMCA「「地域開発」(14,913CHF)
    5. チリ・Temuco YMCA「英語教育」(28,850CHF)
    6. エクアドルW・Quito Y’s「青年層支援」(28,632CHF)
    7. エクアドル・St. Domingo Y’s「性差別・貧困撲滅」(28,632CHF)
    8. ケニアW・Thika YMCA「チカY会館建設」(29,361CHF)
    9. インドW・Cherupuzha Y’s『エイズ・マラリア予防』(24,711CHF)
    10. インド・Bangalore Y’s「貧困児童保護」(27,606CHF)

今年度の東日本区の献金目標は、一人当たり1,300円で、2月がTOF強調月間になっています。

林 茂博 記

国際協会のTOFのページ
http://ysmen.org/index.php?id=148