第5回 UNHCR難民映画祭2010

今年で第5回となるUNHCR難民映画祭についてのお知らせです。勝手に応援しますが、この文章自体は事務局からの転送歓迎メールです。今年は、首都圏だけでなく、全国で開催されますが、とりあえず横浜附近での上映のみの告知をいたします。

難民映画祭

その他の上映情報や、詳細は、UNHCR難民映画祭の公式ウェブサイトで。
http://unhcr.refugeefilm.org

首都圏版・全国版における横浜の上映情報

  • 子供の情景 Buddha collapsed out of shame
    イラン、フランス/2007/81分/フィクション
    監督:ハナ・マフマルバフ
    2008年ベルリン国際映画祭、クリスタル・ベア賞 / 平和映画賞
    【内容】アフガン人の6歳の少女バクタイは新しく開校した女子生徒のための学校に通うことを夢見ている。貧しさと母親の無関心を乗り越え、四苦八苦の末にようやく学校へ向かうバクタイだが、途中で少年達に取り囲まれてしまう。残酷なその少年たちは、自分たちが目撃してきた戦争ごっこで彼女を怖がらせるのだった。

    • 日時:10月1日(金)18:00~
      (オープニングイベント上映につき特別ゲストによるご挨拶の後に上映予定)
    • 会場:ワーナー・マイカル・シネマズみなとみらい
      神奈川県横浜市中区新港2-2-1 横浜ワールドポーターズ5F
      045-222-2525
  • クロッシング Crossing
    韓国/2008年/107分/フィクション
    監督:キム・テギュン/出演:チャ・インビョ
    文部科学省選定
    第21回東京国際映画祭「アジアの風」招待作品
    【内容】北朝鮮の炭鉱の町に住む三人家族。炭鉱で働く元サッカー選手のヨンスは、妻・ヨンハと11歳の一人息子のジュニとともに、貧しいけれど幸せに暮らしていた。 しかし、ある日、ヨンハが肺結核で倒れてしまう。北朝鮮では風邪薬を入手するのも難しく、ヨンスは薬を手に入れるため、危険を顧みず、中国に渡ることを決意する。 決死の覚悟で国境を越え、身を隠しながら、薬を得るために働くヨンス。脱北者は発見されれば容赦なく強制送還され、それは死をも意味していた。その頃、北朝鮮では、夫の帰りを待ちわびていたヨンハがひっそりと息を引き取る。孤児となったジュニは、父との再会を信じ、国境の川を目指す。しかし、無残にも強制収容所に入れられてしまう…。

    • 日時:10月5日(火)16:30頃~
    • 会場:ワーナー・マイカル・シネマズみなとみらい
      神奈川県横浜市中区新港2-2-1 横浜ワールドポーターズ5F
      045-222-2525
  • 扉をたたく人 The Visitor
    アメリカ/2007年/104分/フィクション
    監督:トム・マッカーシー 出演:リチャード・ジェンキンス、ヒアム・アッバス
    2009年アカデミー賞主演男優賞ノミネート
    【内容】妻に先立たれ、コネティカットで孤独に暮らす大学教授のウォルター。ある日、ニューヨークにある別宅の扉を開けると、そこには見知らぬ若いカップルが住んでいた。それがウォルターとシリア出身のジャンベ奏者タレクとの出会いだった。タレクにジャンベを習い始めたウォルターは、これまでにない心の高揚を感じていた。二人の友情が深まっていく中、突然タレクが不法滞在を理由に拘束されてしまう。

    • 日時
      一回目/10月15日(金)16:30頃~
      二回目/10月16日(土)16:30頃~
    • 会場:ワーナー・マイカル・シネマズ港北ニュータウン
      神奈川県横浜市都筑区中川中央1-25-1 ノースポート・モール内
      045-914-7677
  • 君のためなら千回でも Kite Runner
    アメリカ/2007年/129分/フィクション
    監督:マーク・フォースター
    UNHCR親善大使カーレド・ホッセイニ原作
    【内容】平和な時代のアフガニスタン、少年時代のアミールとハッサンは強い絆で結ばれていた。だがハッサンが街の不良から暴行を受けているのを助ける事が出来なかったアミールは、ハッサンを遠ざけるように。溝を埋められぬままソ連侵攻の折にアメリカに亡命したアミール。20年の歳月が過ぎ、作家となったアミールは意を決してタリバン政権下の故郷へと向かう。あのときの親友の言葉に応えるため、そして誓いを伝えるために…。

    • 日時
      一回目/10月15日(金)19:00頃~
      二回目/10月16日(土)19:00頃~
    • 会場:ワーナー・マイカル・シネマズ港北ニュータウン
      神奈川県横浜市都筑区中川中央1-25-1 ノースポート・モール内
      045-914-7677

※  上映開始時刻は20分前後変わる可能性があります。正確な時刻は1週間前にホームページをご確認ください。

ワーナー・マイカル・シネマズ
www.warnermycal.com/nanmin


「第5回 UNHCR難民映画祭2010」への1件のフィードバック

  1. 10月1日の”子供の情景”と10月16日の”扉をたたく人”を観ました。
    子供の情景では、子供に見せる大人の背中というものを考えさせられましたし、扉をたたく人ではオシャレだな、とつくづく思いました。
    色々な瞬間、色々な活動があってしかるべきと思いますが、オシャレで上質な時間の過ごし方を後輩に伝えていきたいんだな、と思います。

コメントを残す